大人ニキビがあごにできた場合の治し方

大人ニキビがあごにできた場合の治し方

大人ニキビがあごにできてしまうと、人目につきやすい部位のためできれば早く治すように対策をしていくことが大切です。あごに大人ニキビができてしまった場合の治し方としては、洗顔をして肌をきれいにすることも重要です。

 

洗顔では、洗顔料などを使うことでニキビに対して刺激となるため、刺激の少ないタイプの洗顔料を使うか、状況によっては洗顔料なしでぬるま湯で洗顔をするというのもいいでしょう。

 

過度に洗いすぎず定期的に汚れや皮脂を洗い流すことで肌を清潔な状態に保ち、毛穴が詰まらないようにすることも対策につながります。洗顔時には、できるだけニキビに刺激を与えないようにすることが大切です。

 

また、食生活の改善をしていくことも治し方の一つです。栄養の偏りがある食生活では肌荒れの原因になることもあります。ニキビができている状態でも、バランスよく栄養が取れる食生活に切り替えていくことで、肌の回復を早めることになるでしょう。

 

食生活以外にもホルモンバランスが乱れる生活リズムで過ごしている、過度なストレスなど肌に悪影響となることがあります。ホルモンバランスが安定するように生活リズムを整えること、ストレスの軽減、解消をしていくことでニキビの悪化を防ぎ肌の回復をすることが重要です。

 

 

なかなか治りにくいあごにできた大人ニキビ

あごや口周辺にできることが多い大人ニキビは、女性の場合ホルモンバランスが乱れることで、角質が硬くなったり、毛穴が詰まることでおこります。

 

特に、あごは普段あまり汗をかかない場所であるため、毛穴がほかの部位ほど発達していませんから、皮脂の分泌が少し増えただけでも、すぐに毛穴を詰まらせる原因となってしまい、なかなか治らないニキビとなってしまいます。

 

大人ニキビを治すには、毎日のスキンケアを見直すことが大切です。

 

皮脂を洗い流そうと思って、頻繁に洗顔を行う人がいますが、過剰な洗顔は肌に必要な潤いも洗い流してしまい、よけいに皮脂の分泌量を増やしてしまいますから、適度な洗顔を行い、必ず保湿を行うことが重要です。

 

女性の場合は、いつも使っている化粧品でも、時期によっては肌荒れを起こしてしまったり、刺激を感じる。大人ニキビができるなどの肌トラブルが起こる場合があります。

 

こういったトラブルは、ホルモンバランスの変化に伴って起こりますから、肌の状態にあわせて適切なケアを行うことが大切です。

 

また、ニキビを治すためには、皮脂分泌を抑えるビタミンB群を積極的に摂取し、女性ホルモンの分泌を整える作用のあるナッツ類も摂るとよいでしょう。